放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


武満徹
2007年07月27日 (金) | 編集 |
novembersteps
『ノヴェンバー・ステップス / ア・ストリング・アラウンド・オータム /
弦楽のためのレクエイム 他"』


Laoxから送られて来る「WithYou」という雑誌を読んだ時から、ずっと気になって
いたので、今日、本作を発注した!!聴いてないので、レヴューではない!(笑)
その雑誌から、「うぉ!」と思ったものを、ピックアップしてみよう♪

庭は見るだけのものではない、聴くものである。
無限の時間に連なるような、音楽の庭をひとつだけ造りたい。
「庭の音楽家」の耳には、何に聞こえていたのだろう?


気密性の高い住宅に暮らすようになって、とりわけ失われたのは「庭の音」だ。
庭石を叩く雨の音、鳥や虫の音、庭木を揺らす風の音ばかりではない。
添水(ししおどし)水琴窟など、日本の庭には、音をつくるための装置もある。
夏の風鈴なども、庭に吹く風を「音として」部屋の中に呼び込むための仕掛けだろう。

音楽もまた、庭とともにあった。
世界最古のオーケストラなどといわれる雅楽も、庭の音楽だ。
当時は、庭に響く風の音や遠雷の音を遮るような壁などなかったし、
楽師たちは、これら自然の音と対話しながら音楽をつくっていた。

音楽は建物の外に漏れ、外の音もまた、音楽に入ってくる。
それは密閉され、音響効果に気を使った教会や宮廷で育まれた
西洋音楽とは、かなり性格を異するものだった。

『ノーヴェンバー・ステップ』は、オーケストラの中に琵琶や尺八という
日本の楽器を取り込んだことで話題になったが、異なる音楽をただブレンドした
フュージョン(融合)とは次元の異なるものだった。
音は交じり合うことなく、むしろ対立しながら存在しているのだ。

(邦楽器の音は)思考の倫理を引き裂くまでにはげしく私を脅かし続けた。
…私はそのうえ、新しく何をつけくわえることができるだろう?


「一音成仏」とも表現される琵琶や尺八の音色がもつ魅力を乱暴に表現するなら、
それは雑音に近いものを多く含んでいる、ということになるだろう。
音響分析すると、邦楽器の一音のなかにある変化の豊かさは顕著であり、
均一で正確な「楽音」を追い求めた西洋楽器と大きく異なるのはもちろん、
むしろ森の中で無数の葉がざわめく、音に近いともいう。

「調律された楽音のなかに騒音を持ち込むこと」
これを着想したのは、1948年、地下鉄の車内であったという。
庭も音楽も、空間芸術であると同時に時間芸術でもあると彼は捉えていたようだ。

早朝の庭で樹陰から夜がすばやく立ち去ろうとしている。
鳥たちが歓びのうたをうたいだす。
太陽はおくればせに射しこむ。
この時庭は他の時間帯よりも饒舌に話し出す。外に向かって。
…真昼の庭は沈黙している。世界を拒むように。
(サイレント・ガーデン)

これ読んだ時は「どんな音なんだろう?」と興味津々だった。
何にでも、興味を持つ事は、実は必要な事かもしれない…。
なんでもないような事を瞬き1つで見逃してしまったら、損だと思う。

御代田の真楽寺境内にある大沼の池。武満はよく散歩した場所である。
龍にまつわる古い伝説があるという。。
oonumanoike
Wikipedia

コメント
この記事へのコメント
武満徹、前聞いたときは、CD聞く余裕が殆どなかった時期なので、あまり良くわからなかったけど・・・iPodでゆっくり聞いてみようかなぁ。
音楽もですが、武満さんの本も読んでみたいですね。
2007/07/27(金) 02:16:45 | URL | おいみず~ #7qizzFss[ 編集]
武満さん、時々聴きたくなってピーター・ゼルキンのグループ・タッシが演ってる「カトレーン2」のCD(しか持ってない)を引っ張り出して聴いてるくらいですが…映画音楽のもカッコイイんだよなぁ。。

ちょっと前にNHKで特番やってた。

もっと色々聴いてみたい思ってる作曲家の一人です。
どの写真見ても目付きが尋常じゃないとこが素敵(笑)
2007/07/27(金) 13:20:58 | URL | ののまる。 #-[ 編集]
いよいよヲレは明日APJ(アコースティック・プログレッシヴ・ジャズ)
を見に行きますが、ジャンルは違うがAPJと武満さんはなんか
似ているような気がする。
まあ、きっとヲレだけだとは思うが(爆)

ちなみに、APJのメンバーは、
 ベース…水野正敏
  ※フラジャイル他で活躍。あまりにも活動の幅が広すぎて追いつかない(死)
 ピアノ…難波弘之
  ※説明不要のあの方です
 ドラム…池長一美
  ※欧米では評価が高いらしいが、ヲレはよく知らない

演奏もさることながら、水野さんのMCも目当てだったりする(笑)
2007/07/27(金) 19:14:45 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
庭を聴く・・・
分かるなあ~~~。(爆)
2007/07/27(金) 19:57:16 | URL | amarcy_loud #d/CpiV46[ 編集]
鳥のさえずりも虫達の営みも
美狂乱の須磨邦雄さんのソロ作にも通ずる価値観ですね
虫に害だ益だとか言うのもおかしい感じです。
自然の伴う音も激しく優しく
自分の家の庭でも音がさえずり、物語があるのですよね。
大きな自然遺産も大切だけど、ちいさな自然を守る事
ちいさな過去の遺物 道端のお地蔵さんもたいせつかな
2007/07/28(土) 14:52:21 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
コメント感謝です!
■おいみず~
武満さんの音源お持ちですか!!
このアルバムは、「入門盤」と言う事で、少し聴いてみましたが
さすが、現代音楽!!どんな難解なプログレも、及ばないですね…。

「ノヴェンバー・ステップス」は、昔、怪談映画のバックに流れていたような
とても、怖いイメージの曲でした。琵琶の響きというのは、本当に独特です。
尺八オンリーの音源は昔聴いた事あるのですが、これも奥が深い楽器です。

彼の本「サイレント・ガーデン」も読んでみたいですね。
病との闘いの中で書かれた本らしいです。最後に聴いた音楽は
バッハ「マタイ受難曲」と言われてるらしいです。

■ののまる。
ののまるさんも、武満さんお聴きでしたか!!
映画音楽も、随分手がけてらしたようですね。

この目つき、どこか「ヴァンデ」に似てません?
凄く鋭いまなざしですよね~。

■ジェネスシ
APJ、知らないと怒られるので、調べたよ!
難波弘之さんの名前があったから、「あ~なるほど」と思ったよ!(笑)
楽しめましたか?

武満さんは、聴いた事ある?

■amarcy_loud
わかるかぁ~凄い!(爆)
例の本、やっと「第2部」突入!(大汗)

■specific
実は、自然が作り出す音が1番凄かったり!!
このアルバム聴いてて、凄い威圧感で怖いくらいだよ…。
「ションベンちびりそう」!(爆)

最近、なんて自然遺産騒ぐんだろうね?
自然は、みんな遺産だよな!(^O^)/

奈良の大仏さんは、部分的に、作られた時代が違うなんて
最近知ったさ!(大汗)
2007/07/29(日) 11:42:57 | URL | Tommy #-[ 編集]
武満さんはいずれ手を出すつもりだが、予算は割けない(死)

APJ、なかなか楽しめた。
ドラムの池長さん、大活躍。正統派テクニカルジャズドラマーだね。
ドラムソロがいつもより長いとのことだが、概算で10分くらいやったかな?
難波さんと水野さんは相変わらず素晴らしいプレイ。
音は言うまでもなくジャズをベースにしているのだが、難波さんも
作曲に参加しているので、正統派ジャズよりもさわやかなにおいが
するね。さすがプログレの貴公子。
アルバムでは曲をしっかり聴かせるAPJだが、、ライヴでは結構スリリングな演奏を聴かせてくれた。
武満さんと似ていないな、こりゃ(爆)
水野さんによると、APJはMCが(水野さんの他のユニットに比べて)
短いらしい。
なぜなら・・・ウッドベースを常に抱えているから。
重くて持つのがだんだん辛くなるらしい。
しかし、ヲレが見た限り、やっぱMCの時間が1時間近くいってない?
あと、だんだんMCは短くなっていくと話していたが、短くなっていないような気が(笑)
ホントにしゃべるの好きだね~。面白かった♪
もし難波さんと水野さんが漫才コンビを組んで2時間漫才をするというのなら、
ヲレは見に行きたい(爆)

さて、次のライヴの予定は・・・
難波さん「年内に出来ますかね?」
水野さん「やりましょう」
水野さんが断言するのなら、きっとやるな。
Tommyさんは見に行くかい?
2007/07/30(月) 12:26:28 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
琵琶・琴・尺八
どれも心癒される楽器ですねぇ
2007/07/30(月) 18:35:09 | URL | チャーリー432 #LbYl9WXI[ 編集]
コメント感謝です!
■ジェネスシ
武満さんは、私もこれからちゃんと聴くの。

ドラムは、アインソフみたいな感じなのかしら?
おかずの多いドラムが好きだけど、ソロは嫌いなのよね!(笑)

ライヴの醍醐味は、即興にあると思うんだけど、
やはり、アルバムとは違う感じだったのかしらね?

MCが1時間??マジ?
お話が面白いと退屈しないけど、「早く演奏聴きたい」って
普通はなって来るんだけど?(笑)

時間と、お金に余裕があれば行きたいけど
まず、音源を聴いてみないことには…(意味深発言)

■チャーリー432
琵琶、琴、尺八…邦楽もあなどれないわよね。
雅楽とかも、凄く好きなのよね。(^O^)/
2007/07/31(火) 07:30:30 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
それは「音源焼いて持ってこい」攻撃と受け取るが、そうとらえてよろしいんですかね?
だが、残念な事に今回は荷物が多いため、追加は受け付けられません。コメンネ。
まあ、10月のバンコ公演に来るというのなら話は別ですが(爆)

APJ公演の時に買った戦利品で、珍しい癒し系アルバムがあったので
紹介します。

フローレンシオ・メス「マヤ・ケクチのストリング・ミュージック」
マヤ・ハープ、ヴァイオリン、ギターのストリングストリオによる癒し系
ミュージック。
アンビエント、ケルト系などの「いかにも癒し系」な音に食傷気味の
人にもお勧め。
ちなみに、ヲレは気持ち良くて途中で爆睡(笑)。まだ全部聴いていない。
2007/07/31(火) 12:29:22 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
ジェネちゃん、チケット買った?
私まだよ!(大汗)

音源も聴いた事ないものの、ライヴに行けないっしょ?(^O^)/
良いよ。別に。気が向いたらで。

バンコかぁ~なんで、オルメとか、Poohとかじゃないんだ!(爆)

また、面白いものを買ったね~。
オイラは「MEDITATION INDIA」をずっと聴いてるよ。
タブラ、シタール、ヴィーナ、バンスリ、サロードなんて楽器が入ってて
夏~って感じで癒されるよ。d(^o^)b

今日は、ひさびさ、Heavy Metalでご出勤だよ♪
2007/08/01(水) 07:36:23 | URL | Tommy #-[ 編集]
APJ公演の時にスターパインズカフェに直接逝って、アイン・ソフの
チケット予約したよ。
ヲレが2枚予約すりゃ良かったか?(実際考えた)

何?音源を聴かなきゃライヴに逝けないだと!?
軟弱者め。それでも男か(爆)
ヲレは音源聴かなくても逝く男だす。
そうじゃなきゃ朱雀(旧シナプス)のライヴに顔を出すことなんてないだろう。
面白いものが見れたらそれでいいのよ。それで。
まあたとえ期待ハズレだったとしても、自己責任と言うことで無理矢理納得。
見る目がなかったヲレが悪いと言うことで。

夏向けの癒しなら、メルジャン・デデ「ブレス」もいいぜよ。
息をテーマにしたアルバムらすいが、ヲレはどちらかというとドライアイス
を想像しちまったい(爆)
冷房が効いている場所でかけたら、間違いなく風邪ひくな(笑)。
2007/08/01(水) 12:25:45 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
チケット予約したの~お願いすれば良かったわ…。
電話での問い合わせは、夕方からだから、電話してみるわ…(ノ_・。)
待ち合わせ、どーするかね?

音源聴かなくても行く場合もあるけど、ケースバイケースよ!d(^o^)b
てか、あたし、色々行きたいライヴがバッティングする場合が多いから
その中から「選ばない」とならないのよ。それでハズレだったら
「やっぱり、あっちに行けば良かった」…と、こうなる!(爆)

息をテーマ?
エニグマみたいなのか?
しかし、こっちは、異常に熱いわ。
新潟は、昨日、36度だったとか?生きてる?(笑)
2007/08/03(金) 09:51:18 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
オーケストラオーケストラ(管弦楽団)とは、管弦楽曲、すなわち複数の弦楽器、管楽器および打楽器からなる編成による音楽を演奏するために組織された団体である。主にクラシック音楽を演奏する。オーケストラには、クラシック音楽以外(ラテン音楽やジャズ・マンドリンオー
2007/09/29(土) 23:21:04 | クラッシックの世界
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。