放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラティーノ/アイアート・フローラ&フレンズ'84
2007年09月16日 (日) | 編集 |
latino 1. AQUI SE PUEDE
 2. SIN SALIDA
 3. ジャンプ
 4. ザ・リターン
 5. ANATELIO(ザ・ハッピー・ピープル)
 6. SETE SEMENTES
 7. TOMBO







↑ アマゾンでは、こんな値段で叩き売られている…。

以前、アイアート・モレイラについては、記事にしてます。
なのに…なのによ…このアルバム、その名前にすら気が付かずに、
まったく別物として買って来たのです!

ブラジリアン・フュージョンの柔らかで軽快なグルーヴを紡ぎだす、
アイアートのリズムとフローラの歌声。アイアート&フロート夫妻を中心に
豪華バック・ミュージシャンを従えて、録音された'84年録音のブラジリアン・ジャスの
最高のグルーヴィー・アルバム。日本初登場。


この帯たたきだけで買ったのよね…アーティストの名前って本当に覚えられない俺
「ブラジリアン・フュージョンか…どんなんだろか?」
ノッケから、サンバぢゃんかぁ~と思ったが、サンバを軸にしながらも
多彩な楽曲で構成された実に、楽しい肩の凝らないアルバムである。
2曲目は、スペイン語のバラードで、本格的なボーカルが堪能できる。
3曲目トランペッターのジェフ・エリオットが作曲した、
LAラテン・フュージョンタッチのナンバー。
4曲目LA在住の日本人キーボード・プレイヤー、ケイ・アカギの作品。
フローラの幻想的で美しいスキャットが聴き所。
5曲目、こらまた楽しいカーニヴァル賛歌。亡きジョー・ファレルのフルートが聴ける。
6曲目ん~これは…。アフロ・ブラジル文化の故郷バイーア
民族音楽ですね。ぶっちゃけ!(笑)素朴で良い雰囲気です。
7曲目、フローラの歌がやっと聴ける!(笑)アイアートの代表曲。
途中から、もーもー激しく躍動感溢れるサンバの洪水!!
踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損!損!!うわ~血がうずくよぉ~。

パーカッションは人類最初の言葉なんだ。今日、人間が話す言葉は、
パーカッションのコミュニケーション能力よりもはるかに劣っている」
これは先日、超メガトン級のリーダー・アルバムを発表した
カルリーニョス・ブラウンの発言だ。
この話を聞いてすぐ思い出したのが、アイアン・モレイラのことだった。
何百種類ものパーカッションを自由自在に操るだけでなく、およそ音の
出るものならナベカマから自然音まですべて楽器化し、そしてパーカッションの
リズムを擬音化して自らの声で歌う(ヴォーカリーズする)アイアート。
彼こそパーカッションを使って“言葉”を“話す”パイオニアだ。(ライナーより)

カルリーニョス・ブラウンと言えば、SEPULTURA「ROOTS」で有名ですね。

ラタマハタ~

「変態のつぶやき」
“音”を“言葉”で現す事が極度に苦手で、実は、レヴューする自体
非常に困難な作業だ。言葉を巧く操れる術を持たないからである。
自分がレヴューを書く作業は、まず、2日ががりになるのは普通。
何回も何回も書いては消し、書いては消しの作業だからだ。
それでも、自分の力量を超える事は不可能なので、なるべく感じたものを
そのまま書くように心がけている。それでも伝わるのは、何%にも満たない。
悲しいかな“言葉”とは便利なようで、“音”のような感覚的なものを
現す言葉が無かったりもする。パーカッションは大地(魂)の鼓動であると
私は思っている。こゆ音楽は、心をまっさらにして聴くべきなのかもしれない。


「パゴーヂ」(普段着のサンバ・パーティー)ワンシーンのような中写真。
見えにくいが、ビール瓶を囲んで楽しそうにやってる。ビール缶を叩く人も。
latino2

オフィシャル

コメント
この記事へのコメント
アイアート&フローラは兄の部屋から聞こえてきたのを、何回か聴いた事あります。フローラのスキャットも、パーカッションみたいですよね。

もう、瓶だろうが缶だろうが、叩けるもの叩きまくりで楽しく盛り上がっている感じですね。ちょっとぐらいズレても、それがまたポリリズムとなって。。。
2007/09/16(日) 22:10:33 | URL | おいみず~ #7qizzFss[ 編集]
>何回も何回も書いては消し、書いては消しの作業
おお、それはまるでプロのライターのようですね。
やがてRieさんの人気が爆発したら、作品紹介で忙しくなりますぞ!

夢は大きく行きましょう(^o^)/
2007/09/17(月) 00:42:46 | URL | チャーリー432 #LbYl9WXI[ 編集]
こんばんはー。私も四苦八苦して言葉を捕まえようと格闘する日々だったりします。
1984年作品なんですね。まだまだ現役で頑張っているのでしょうか、4年前には新作を出していると!

>パーカッションは人類最初の言葉なんだ
判るような気がしますね。原始的ですが直接的な表現・手段だなぁと思いますもん。
2007/09/18(火) 01:11:48 | URL | chitlin #-[ 編集]
コメント感謝です!
■おいみず~
兄の部屋って言うのが良いですね!(笑)
お兄さんも、音楽が好きでいらっしゃるのね!!
フローラのスキャット、3曲目は、ため息交じりで色っぽいっす!d(^o^)b
しかも、ギターが高中正義!!

本当に楽しそう。
こんな音楽を流しながら、飲んで踊って夜を明かしたいって感じですね。

■チャーリー432
いやいや…まず漢字知らないしぃ~。難しい言葉知らないしぃ~
専門用語知らないしぃ~知識もな~んもないです!はい!
良くブログやってるよな?俺も驚き!(爆)

■chitlin
お呼びだてして申し訳ない!m(_ _)m
四苦八苦してるよ~に見えないんですけどぉ??(@@)
2003年に『Life After That』というアルバム出してるみたいですね!!

文章巧くなりたいっす…とほほ。。(ノ_・。)
弟子入り希望!v-238
2007/09/18(火) 18:29:17 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。