放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蝶湖夢楼の一夜/PROVIDENCE'96
2007年12月26日 (水) | 編集 |
providence 1.HCHO 40
 2.籠絡の終章 (an epilogue for cajolment)
 3.蝶湖夢楼の一夜
 4.エルリオ
 5.黎明風 (a breeze in the dawn)
 6.蝶湖夢楼の一夜 (Reprise)
 7.月下にて (in the moonlight)
 塚田円 (keyboards)
 杉山雄一 (drums)
 木ノ内亜土夫 (guitars)
 中陣文敬 (bass)
 菅原貴子 (vocals)
 斉藤孝男 (tenor sax on 2.)

自分の大好きな作品は、「旧変態のつぶやき」で殆ど紹介したが、
このBANDだけは、どうしても紹介できなかった…。
俺の文章能力で、どこまで彼らをわかってもらえるだろうか?
そんな思いを抱きつつ、数年が経過した。今聴いても斬新なサウンドだ。
しかし、音源は、すでに廃盤。たまに、オークションで見かける程度。
BAND自体は、継続しているが、長い活動休止中である。
(オリジナルPROVIDENCE結成は、82年。クリムゾンのコピーからスタート。え~25年!)

これ聴いた時、本当にぶっ飛んだ!!背筋が凍った。

乳房はもぎ取られ ホルマリンの海へと沈む

それは永遠の美しさをたたえている

海底に漂う 踊る

添えられた あなたの指先の

懐かしい愛撫を 求め続けて


この妖しさ100%の詩の朗読のあと、激しいプログレ・ハードに移行していく。
てか、Heavy Metalとプログレの融合とも言えるかもしれない。プログレ・メタル?
何しろ、1つ1つの個性が激しくせめぎ合い、今までに聴いた事もない
摩訶不思議空間へと私達を誘うのである。

札幌の友達に教えてもらわなければ、一生知らないでいたよ…。

俺は、日本のプログレの女性Voは、実はあまり得意ではない。
プログレは、男性Voに限るとすら思っている!(笑)
どんな巧くても、アニソンに聴こえちゃうのは、まずダメね。
だから、かなり狭められて来るんだよ。「わっぱがっぱ」は理想の女性Voだね。
PROVIDENCEの初期Voは、あの、久保田陽子です。
『伝説に語りて』も、聴いてみたけど、俺はダントツにこっちが好き。
この、独特の空間を表現するには、菅原貴子のVoが、ピッタリ。
長い黒髪、エキゾチックな顔立ち。ライヴは、1度だけ観てますね、運良く!(笑)

どの曲も、凄いけど、『蝶湖夢楼の一夜 』は、今世紀に残る名曲だね。
こんな素晴らしいバンドが、日本にいるんだよ!
俺は、日本のプログレは、世界でも、トップクラスだと思ってる。
それは、美狂乱、新月しかり!!最初は、何かの亜流であったかもしれない。
けど、その中から、独自の世界を生み出すのは、日本人は、
特に優れているような気がする。
どんなバンドでも、影響を受けたものは、必ず現れるし、私達が培った風土と、
文化と色々なものの中から「今までに無いものを創り上げてしまう」

…とは言え「視聴」できるわけでもなく、入手困難であるバンドに
興味を持ってくれる人が何人いるだろうか?

俺の下手糞な長い文章に付き合ってもらえただけでも嬉しい。
本当に、ありがとうね!感謝します。

PROVIDEO Ⅶ ~あめりか道中膝栗毛~ (1997)私の「お宝」です!Tommy

providence2

ファンサイト(Realplayerがあれば、数曲試聴できる模様!)

コメント
この記事へのコメント
プログレに限らず、80年代の日本は世界のどの国よりも
素晴らしい音楽を発信していました。
プログレの発掘作業自体は結構進んでいるというが、再販と
なると意外にないね。
というわけでベラフォンの再発キボンヌ(爆)
2007/12/26(水) 12:18:12 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
試聴しました!
まずは「蝶湖夢桜の一夜」から!

ひょえぇ~~!
すごく良いv-424

廃盤?残念です。
とりあえず、試聴できる曲を何度も繰り返し聴きたいと思います。
2007/12/26(水) 15:10:29 | URL | チャーリー432 #LbYl9WXI[ 編集]
お!プロヴィデンス。

MadeInJapanのコンピと「伝説を語りて」は聴いてますがその後アルバムを出してたの知らなかったです。。
「夢の報酬」期のページェントに通じる(よりメタル寄り)バンドって印象でした。

女性Voについてもコメントしようと思ったけどいたずらに誤解を生む文章になりそう。

アニメ声の線引きが難しくて…

可愛い声が好きです。tommyちゃんさまはアニメと評するかも。
ロックじゃない感じが好き(笑)

ロックは基本男性Voが好きです。
でも野太い暑苦しいのは苦手だったり
2007/12/26(水) 16:43:25 | URL | ののまる。 #FhYyxA6I[ 編集]
このバンド初耳でした。勉強になります~。

女性Vo.はどうしても歌が強くなるので
一歩間違えるとアニソンに聴こえそうですよね。
オケが良い演奏でも先入観でちがって聴こえそうでこわいです。

ボクも基本的に男性Vo.が多いです。
記事読んで思い出したんですけど
ペイン・キラー教えてくれた奴に美狂乱と新月貸したまま
返ってこない・・・消息不明なので諦めます。
2007/12/26(水) 20:08:28 | URL | SANE #-[ 編集]
クリムゾン系のバンド?
メタリックなの~
お・い・し・そ・う

アニメの主題歌ではイデオンとか
銀河漂流ヴァイファムの主題歌
TAOは英語詩でヴァイオリンロック
かっこいいのもありまっせ 男性Voだけんどね 
2007/12/26(水) 22:57:21 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
コメント感謝です!
■ジェネスシ
ジェネちゃんは、プロビデンスご存知?

BELLAPHON 「FIREFLY」だけは、持ってるわ。
実は、アインソフより好きよ!(問題発言!)
大器さんにも、BELLAPHONやってくださいよ~と
会うたびに、おねだりしてるんだけどね!(爆)

今も、聴きながらレスしてるんだけど、うっとり…。

■チャーリー432
おお!チャーリーさんは、協力的で嬉しいね!!
私は、リアル入れてないから聴けないのよ。

気に入ってくれて嬉しいよ。ありがとね!(^O^)/

解散したわけじゃなくて、Keyの方が、東京勤務で
札幌のメンバーと、なかなかやれないのが理由だから
Keyの人が札幌に戻れば、復活の見込みありよ。
塚田円さん!頼むよ~~~~~~!

■ののまる。
なんかご無理言ってすびばせん!m(_ _)m

プロビデンスご存知でしたか…凄い…。

このアルバム、ののさまに聴いて欲しいわ…。
佐井好子さんの世界観に近く、確かに、ページェントの匂いもするわ…。

女性Voに限らず、Voで私は、好き嫌いがわかれてしまうの…。
これは、頭では理解してても、生理的にダメなのね…。

■SANE
やはり知らないでしょ?
結構、マニアさんしか知らないバンドかもしれない。

アニソンが悪いってのじゃなくて、やはり好き嫌いなのよね。
だって、カラオケで、アニソン歌うもの!(爆)

美狂乱、新月、SANEさんも、結構幅広く聴くんですね~♪
私も、友だとに貸した本が返って来ないわ…。
「エーゲ海に捧ぐ」!(爆)

■specific
この作品を聴く限り、クリムゾンという印象は無いわね…。
初期は、そうだったのかもしれないけど。

アニメソングは、好きよ。
ただ、プログレ系では、ダメなのよ…。
2007/12/26(水) 23:54:34 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
私が活動停止した時に紹介されてたバンドですね。
久保田嬢はサーベルのアルバムで知りましたけど。(笑)
当時はページェントの人気がダントツだったので
数多くの女性Voバンドがいましたが、今はどうなんでしょ?
2007/12/27(木) 00:32:55 | URL | Roku #fKZHncy6[ 編集]
プロヴィデンス自体は名前は知っているが、入手困難状態
らすいのでワシは持っていないッス。
女性ヴォーカル自体は嫌いではないが、アルバムとしてハズレ
という事も少なくないから難しいところやね。
2007/12/27(木) 12:07:39 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
コメント感謝です!
■Roku
久保田さんは、その筋では有名だもんね♪
Rokuさんにも、聴いて欲しいな…廃盤だけど
再発を強く希望するバンドよ!(^O^)/

今は、どうなんだろうね?
私もあまり詳しくないけど、スターレスとか?
どちらかと言うと、ゴシック系の方が多いみたい。流行かな?

■ジェネスシ
私は、曲が良くても、どうもVoの好みで大きく
左右されるタイプかもしれないわ。

YES!(爆)
2007/12/28(金) 07:47:06 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。