放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


A Nod and a Wink/Camel '02
2007年12月14日 (金) | 編集 |
A Nod and a Wink

ラティマーは、俺にとって、最愛の人。
そんな彼が、闘病生活を送っている。俺は苦しい…。
彼の音楽を聴くのが怖い…。どしてか聴けなかったんだ。

けど、無菌室にいながらも、友人のくれたギターで、少しづつ曲を書いてるとか。
この人、本当に音楽を愛してるんだな…そう思うと胸が熱くなる。

俺には、何もしてあげられない。募金活動をしようと思ったが、
お金に関わる事は困難だった。
んじゃ、何がしてあげられる?答えは、簡単だった。

彼の音楽を聴く事だったって、今気づいた…。

「HARBOUR OF TEARS」「DUST AND DREAMS」「Rajaz」をお薦めの3枚と
HPで紹介する程この3枚は、自分にとって重要な位置を占めていた。
しかし、今日は、あえて「A Nod and a Wink」を聴いてみた。
「Rajaz」の良さがわかるまで、物凄く時間がかかった。
このアルバムも、少し時間かかるかもしれない。
何回も、何回も繰り返し、繰り返し聴いてみた。

このアルバムの最大の山場は、なんと、日本盤のみボーナス・トラックであった。
「過ぎ去りし日々」と題された、インストナンバーは、ラティマー音楽が集約されていると
言っても良いのでは?これは、外盤には、収録されてないんだよね。
これって、ラティマーが「日本を特別な存在」としているのがわかるよね?
きっと、本人も、早く日本に来てプレーしたいと思ってると思う。

人間は、生きている中で多くの事を学ぶ。
その学びを生かせない人がいれば、それを糧に頑張る人もいる。
ラティマーは、「生きる学び」そのものの中から、人の心を揺さぶる
音楽を生み出しているのではないか?
俺が、命陽炎と呼ぶ、そのプレーは、魂から発せられているとしか思えない。

世の中には、もっともっと知名度が高く、技術的にも、セールス的にも
誇るBANDがたくさんいる。けど、俺は、彼らの中に、ハンドメイドの温かさを感じる。
寒い外から帰った人の心に「やすらぎ」と「温かいスープ」を差し出してくれる。

そんなバンドは、どこを探してもCamel以外にいない。
そう断言できる俺は、声を大にして言う!

Camelは世界一!!

右サイドバーの、MoondancesDVDをクリックすると、オフィシャルに行けるようにしました。
少しでも多くの人に彼らの作品に触れて欲しいと思ってます。

入院前に、サインを500個したと言う、彼の愛情には脱帽っす…。
私がオーダーした時には、すでに、2187だったので、サインはないかもしれないな…。

「A Nod and a Wink」リリースから、早5年が経過。
新しいアルバムと、ラティマーの元気な顔「おはぁ」が聴ける日まで待ちますとも。

コメント
この記事へのコメント
中学生の頃、キャメルの「ムーン・マッドネス」を買いました。
ある時期、とてもつらい出来事があって、人生の何もかもに自信が持てなくなりました。そんなとき、「ダスト・アンド・ドリームス」が発表されて、僕は何度何度もこのアルバムを聴き続けました。こんな音楽がある世界ってそんなに悪くないって心底想いました・・・。ラティマーの音楽に救われてから、このバンドは僕の中で特別な存在になりました・・・。
ラティマーの健康を祈ります。
病気の苦難を乗り越えた、彼の音楽を聴いてみたい。
病気の予後が少しでも順調でありますように・・・。

2007/12/14(金) 00:12:05 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
「HARBOUR OF TEARS」「DUST AND DREAMS」「Rajaz」
ボクはこの3枚を聴くと涙が自然と出てきます。
何かをしながら聴くというのが出来ないアルバムです。
1対1で向き合って聴きます。

ボクはmarillionの「brave」にもの凄く強い思い入れを抱いています。
姉さんもラティマーや彼のアルバムにもの凄い気持ちを込めているのでしょうね。

ラティマーの音楽への愛情はギターを聴くと伝わってきます。
そしてギターも彼を愛している気がします。
だから今ギターを手にとって曲を書いているのがうれしいです。

回復を祈っています。そして新譜をずっと待っています。
2007/12/14(金) 00:47:54 | URL | SANE #-[ 編集]
19日に紙ジャケ再発
紙ジャケ再発に合わせての選出ですか?タイムリーですね。
ラジオで“過ぎ去りし日々”を聴いた時に確信しました。
「アンドリュー・ラティマーは人間国宝だ」と。
その後「RAJAZ」と共に買おう、買おう。と思っていましたが、
そこまで手が回らなく廃盤になってしまいました。だから今回の再発は嬉しい!早く聴きたいです。
アンディのギターを聴くと「テクニックでは上を行く奴は腐る程いるが、彼の様にギターの音色とそこに籠められた感情だけで聴き手を圧倒できる奴は何人いるのだろうか」と思います。
2007/12/14(金) 10:32:06 | URL | 春日部の尊師 #WGv/JGO2[ 編集]
私も大人になったのか、ここんとこCAMEL、かなり聞いてます。一音一音がしみますな~。そのうち、コレも聴いてみます。
2007/12/14(金) 12:31:18 | URL | amarcy_loud #d/CpiV46[ 編集]
>彼の音楽を聴く事

CAMELの音楽はラティマーそのものなので聴く事で想いが伝わる気がします。。。幻想かも知れないけど人の想いの力を信じて…
2007/12/14(金) 15:01:37 | URL | ののまる。 #-[ 編集]
最近Camelの「Breathless」を聴いてみました♪
Rieさんはエコーズが好きと言っており、
確かに僕も好きです。
CamelはGenesisをより癒し系にしたといったところでしょうか。
変な表現ですみません(>_<)
最近はCamelで癒され、PinkFloydの「原子心母」に怒り狂う
日々を送っています(笑)
2007/12/14(金) 20:31:06 | URL | サッシ #-[ 編集]
今でも十分かもしれませんが
今でもキャメルの評価は充分という人もいるかもしれませんが、キャメルは個人的思い入れ度という点ではプログレ5指バンドに匹敵するバンドであるCottonwoodhillです。

個人的には1980年代の作品の紙ジャケ化を願うところです。当時のレコードはすでに手元にないので。
2007/12/15(土) 21:39:18 | URL | Cottonwoodhill #-[ 編集]
こんにちは。
手術は終えられたんですね。
早く元気になられるといいんですけどね。

宝くじ!Tommyさんにあやかりたいです!
南無妙ホーレン草~(by ばってん荒川)

今度の、ラジオで当たったのは、川柳とは別の企画です。完全なネタですね。
ダジャレの言葉を作って、それに格言っぽい意味を付けて、
ダジャレ格言をつくるものです。
それを、おすぎさんが選んで、カレンダーにしたものですね。
2007/12/15(土) 23:31:10 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
コメント感謝です!
■sherbet24
中学から、camel聴いていたんだね~。
ある意味うらやましいよ。もっと、早く出合っていたらとか考える!(笑)

「ダスト・アンド・ドリームス」は、本当に、良いアルバムだよね。
なんか、聴いてるだけで、1人「うん、うん」って感じでね。

病気をすると、病気になった人の気持ちがわかる。
辛い思いをした人は、辛い人の気持ちがわかる。
人生なんでも「体験」の中から学ぶ。「理屈」じゃない。

多くの苦難を乗り越えた、ラティマーの音楽、これから先楽しみだね♪

■SANE
おお!SANEも、Camel好きなんだね!嬉しい!(^O^)/

君にとってのmarillionは、僕にとってのCamel!
みんな、それぞれ「思いいれ」は、違うもんだよね。

彼のギターは、もう「魂のギター」なんですよ、俺にとって。
どんな、哲学書や宗教書よりも、説得力あります。

新譜、待っていようね!お互い♪

■春日部の尊師
選出というか、ずっと書きたかったんだよ。…(^o^;)

“過ぎ去りし日々”は、5分じゃ短いね。延々聴いていたい…。
最後の、ピアノがまた来るんだよね?

再発、思う存分聴いて、ここに感想教えに来てね。(^O^)/
「ギターに魂込めてるから」人の心を動かせるんだと思うよ。

私の中には、ラティマー、ギルモア、ハケット、マイク様。

■amarcy_loud
君も大人になったか!!(爆)
シミルんだよね~しみて、しみて、胸が熱くなって泣く。

「Coming of age」のDVD持ってる?
まず、これ行っちゃって!!保障する!d(^o^)b

■ののまる。
ののまる。さまは、若いのに、人の心が読めるんですね…。
短い言葉ながら、感激にむせぶTommyがおりまする。。。

■サッシ
「Breathless」も、良いアルバムですよね。
Rieは、エコーズ好きみたいだね~♪

PinkFloydの「原子心母」、昔聴いた時は、「?」だったけど
最近聴いたら、B面に泣いた。(レコードなんだよね)

■Cottonwoodhill
意外と、「Camelが1番好きなの?」って人多いですよ。

でも、自分は胸を張って、好きなバンドを応援し続けます。
Cottonwoodhillさんにとっても、思いいれがあるみたいで嬉しいです。

私は、まだ、何枚かは、レコードなのよ。買い替えしないとね…(大汗)
とくに、「ヌード」は大好きよ♪

■くっぞこ
もう、お酒飲んでるから、元気は元気よ!(大汗)
色々心配してくれてありがとね♪

南無妙ホーレン草~(by ばってん荒川)

これうける!!なんか好き。
「マカロニ・ほーれん荘」みたい!(爆)

ダジャレ格言!!
どんなんだろう?
カレンダーもらったら、ブログに貼って!(^O^)/
2007/12/16(日) 12:04:20 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
これは!
持ってないです(汗)
いや全部持ってるつもりでいたんですが、、、アルバムは、、、
「The Snow Goose」好きです。

2007/12/17(月) 03:12:28 | URL | よろけ牛 #-[ 編集]
ヲレ的にはラティマーに比肩する人を1人挙げれば、岡崎倫典
くらいしか思い浮かばない。
作風は似ていないが、共通する物を感じる。
とりあえず生半可なアコースティックギターは聴けないな。
2007/12/17(月) 12:18:29 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
CAMELは
「ダスト・アンド・ドリームス」しかもっっておりません。すみませぬ。(ペコリ)

でもHPで試聴したらすごく良かったです。
ラティマー、人間国宝なみですね。
少しずつ聴いてゆきたいと思います。
2007/12/17(月) 15:03:35 | URL | チャーリー432 #LbYl9WXI[ 編集]
コメント感謝です!
■よろけ牛
これ、最新作だよ!
5年経ってるけど!(大汗)

「The Snow Goose」やっと、CDに買い替えた!…(^o^;)
「ブレスレス」もなんとかせなあかん…。

■ジェネスシ
岡崎倫典とは…これまた…。
よーがす!聴いてみます。1枚だけあるんで!(爆)
しかも、いただきもの!(爆死)

■チャーリー432
「ダスト・アンド・ドリームス」持ってるだけで嬉しいっすよ!(^O^)/
ジャケ写が、またノスタルジックで良いんだよね…。

少しづつで良いよ。無理しない程度に少しづつね♪
2007/12/17(月) 21:59:17 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
ヌードとHARBOUR OF TEARSと
A Nod and a Wink 持ってます
わいの場合ヌードが初キャメル 楽しげな前向きな感じ
あれが一番好きかな。
HARBOUR OF TEARSはもしかしたらプログレという意味では異色なアルバムなのかもしれませんが。ものすごく聞き込んでいるわけではないのだけど、輪廻や魂を題材にした佐藤正治さんのソロ作 竜飛に趣が似ていると感じました。少しずつ聴いてます。

このA Nod and a Wink は寂しげで優しい音
今まであまり聞いてませんでしたが、久しぶりに聴いたら
魅惑的な惹きこまれる音に気づきました。
狂の患者様方にはA Nod and a Wink を聴いて
泣いてもらいました。

聴くことが祈りとして通じるはず

2007/12/22(土) 20:39:56 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
コメント感謝です!
ヌード楽しそうですか?
あれは、確か、小野田少尉をモチーフにした作品だったと思う。
「徴兵の時」なんか、何回聴いても泣けちゃうよ…。

HARBOUR OF TEARSは、プログレ云々抜きにしても
世界遺産と言えるでしょう!(笑)

ラティマーの声が1番優しいのが、『A Nod and a Wink 』かな?
年々、優しさが増してる印象を受けます。

HARBOUR OF TEARSも、是非患者様に!d(^o^)b
2007/12/23(日) 18:39:29 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
ヌードもまた聴きなおしてみますね
HARBOUR OF TEARS も流してみますね!
信仰・祈り・家族愛・ですものね。
2007/12/23(日) 22:46:00 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
でも、「乱組曲」も流すとよろし!v-21

24bit remasteringのやつを!v-76
2007/12/23(日) 22:48:53 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
ひえ~美狂乱 組曲乱!パララックス コワ過ぎ!
でも音のわかる人であればかけるかも。 



2007/12/23(日) 23:10:33 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
紙ジャケGET!
CAMEL紙ジャケ全タイトル無事に購入しました!
11枚もあるのでまだ全部開けてませんが、封を開けてなんとか一通り聴いたのは「A NOD AND WNIK」、「HARBOUR OF TEARS」、「GODS OF LIGHT」、「ON THE ROAD 1981」、の四枚です。
「A NOD AND WNIK」は前作「RAJAZ」を秋と例えると本作には春といった印象を受けました。ポップですね。でも後半はちゃんと泣きの曲が出てきて大満足!“For Today”、“過ぎ去りし日々”に号泣させてもらいました。
「HARBOUR OF TEARS」、あれはアンディのおばあさんの話なのですね。祖国と家族を奪われた悲しい歴史…どうりで染みるはずです。4枚聴いて改めて痛感しました。
やっぱりCAMELに駄作無し!
正月はこれで思う存分CAMEL祭りが出来ます。
2007/12/24(月) 17:04:36 | URL | 春日部の尊師 #WGv/JGO2[ 編集]
コメント感謝です!
■specific
パララックス!!
時間作って聴かなければ!!

音のわかる人イコール俺!(爆)

■春日部の尊師
わ~~~~~~やったね!(^O^)/
なんか、とても嬉しいよ!!
しかし、11枚一機に購入とは、凄い!!

「A NOD AND WNIK」確かに春かもしれないね。
音が優しいでしょ?聴いてると、とてもリラックスするんだよね。
“過ぎ去りし日々”は、ヤヴァイって…。。

「HARBOUR OF TEARS」聴いてもらえて本当に嬉しいです。
最後の波の音が、また泣けるんだよね…。
自らのルーツだから、来るんだよね~作り物でない本物の!!

そー!Camelに駄作なし!!
私も、やるよ!Camel祭り!!(o^-^o)
パリス・コレクションも、凄く良いよ!!
2007/12/24(月) 17:53:42 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。