放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


富良野/岡崎倫典 '98
2007年12月19日 (水) | 編集 |
furano

とりあえず、カテゴリーは、「クラッシック」にしたけど、彼のギターサウンドは、
日本ではまだジャンルとして確立されていないらすぃ…。
押尾コーターローの師匠さんだよね?ん?

ジェネスシさんが、ラティマーに比肩するギタリストとして
あげてくれたので、じっくり聴いてみました。

あのね…楽器を奏でるって、その人の人間性まで現れると思った。
オイラはね、娘に「技術的なものも大切だけど、人の心を打つような
ギタリストになって欲しい」と常々言ってるんですよ~。
それには、色々な音楽を聴く事も大切だけど、多くの経験から学んで欲しいと思っているし、
「苦しんでいる人」がいたら、さりげなく「言葉」をかけられる人間であって欲しい。
無償の愛を振りまけるようになれば、あなたもラティマーだ!!(爆)

と、前説が長くなりましたが、まさに、彼は、そんなギタリストですね~。
このジャケ写のような、富良野の美しい風景。目を閉じて聴いていれば
思わず、そこに行った気分にさせる。彼は、とても日本の四季折々の風景を
心底愛していると思う。そんな優しさが本当に出てる。しかし、優しさだけではない
厳しい自然の掟みたいのも、同時に感じさせてくれる。

季節は巡り、また元の季節にたどり着く。
人として生まれ、多くの事を積み重ね、最後は灰になり土に還る。
その土から、作物が実り、それを、また食す。
全ては、まわっている。全てはまわっている。
この音楽を聴いていると、色々な事が頭を巡る…。

アコースティック・ギターにエレキのテクニックを取り入れた第一人者。
この「第一人者」ってのが凄いよね。何も無い、今までに無いものから
新しいものを起こすんだよ。道無き道を開拓するのと同じ。
今は、道を開拓する場所すらも少なくなってると言うのに…。

できれば、本当の富良野に行って聴きたいな!Tommy

オフィシャル
(ここを開くと、すぐにOn My Mindというコーナーがある。是非読んでみてね。)

コメント
この記事へのコメント
岡崎倫典さんを知ったのは、随分前の谷山浩子さんのアルバムです。そこで、あまりにも美しいアコーステックギターの音色に魅了されて、必死にさがしてソロ・アルバムを購入しました。
天才です、間違えなく。
こころの深い部分にダイレクトにきます。聴いていると、忘れた夢を想い出させる、そんな幻想的な音楽ですね~。たいせつなアルバムです・・・。
2007/12/19(水) 00:23:38 | URL | sherbet24 #-[ 編集]
ウィンダムヒル、みたいな感じでしょうか。
「Heartstrings」はジャケ買いかな。。。
2007/12/19(水) 00:47:02 | URL | おいみず~ #7qizzFss[ 編集]
すぐに飛びつくとは思わなかった(爆)
ヲレは富良野は持っていないが、新しい方のアルバム2枚しかない。
富良野も含め、あと3枚が入手出来そうなので、出来ればすぐにでも欲しいが…
新年にアネクドテンがあるからねぇ(笑)
2007/12/19(水) 12:04:09 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
むむ~~。思わず買ってしまいました。明日聴きます。
2007/12/19(水) 17:31:49 | URL | amarcy_loud #d/CpiV46[ 編集]
コメント感謝です!
■sherbet24
谷山浩子…懐かしいですね~。
天才だよね。そして人間的に素晴らしい。
良く音に出てますね。

「忘れかけてた何かを思い出させてくれるアルバム」だね。

■おいみず~
ウィンダムヒルとか言われると困っちゃうtommyちゃんです!
誰それ?(大汗)

「Heartstrings」は、確かにジャケ買いしたくなる1枚ですね。

■ジェネスシ
毎日色々聴いてるけど、なかなかレヴューできるような
作品に出会えないで苦しんでいるのよ!(爆)

サンディー・デニーも聴いてみたけど…。m(_ _)m

アネクドテン、どうも前座がつくみたいだよ♪

■amarcy_loud
おお!ありがたや!ありがたや!!
最近、売り上げがサッパリでね!(>_<)

お気に召していただけると嬉しゅうごぢゃりまする。d(^o^)b
「哀愁ギタリスト」にとって、重要文化財!(爆)
2007/12/20(木) 21:49:12 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
倫典
RYNTENという表記がステキですね。
2007/12/21(金) 15:07:52 | URL | チャーリー432 #LbYl9WXI[ 編集]
冗談ルーデスの新作ソロとニュートロルスの「コンチェルト・グロッソ3」を
今し方買ってきて聴いています。
冗談のソロは今回は自分に影響を与えたプログレッシヴロック
アーティストのカヴァー集。
ニュートロルスは…多分説明不要。
ヲレのように来日公演に逝った人にとっては感慨深い作品やね。
2007/12/21(金) 19:04:30 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
感想:
1.ジョーダン・ルーデス「ザ・ロード・ホーム」
  評価★★★★☆

  ジェネシス、イエス、クリムゾン、ジェントル・ジャイアント、
  ELPからそれぞれ代表曲を取り上げたカヴァー集。
  取り上げている曲はプログレ好きならば必ず1回は聴いた
  事がある曲ばかり。
  評価を1つ下げたのは、最初のジェネシスの演奏がぎこちない
  のと、ヴォーカルの声質が全体的に合わないと感じたから。
  (まあ、確かにジェネシスは難曲だからねぇ…)
  ただし、カヴァー集とはいえ、ジョーダンオリジナルで一部
  アレンジが施されており、これがまたいかにも彼らしい。
  キーボードプレイもドリ虫で聴けるいつものプレイ。
  この手のカヴァー集は結構ハズレが多いが、これは傑作。
  ジョーダンの意欲と敬意を感じるという点を評価したい。

2.ニュートロルス「コンチェルト・グロッソ3 ~ザ・セヴン・シーズンズ~」
  評価★★★★★

  来日公演でかなり評価が高かった傑作がついに待望の発売!!
  言うまでもないが、改めて聴くとやはり声も出ない。
  コンチェルト・グロッソ1、2ともに歴史的傑作というのは、
  ファンなら誰でも知っている。
  しかし、本作はその2作を遙かに超えている。
  「コンチェルト・グロッソ」というタイトルを付けて、本当にやりたかったのって
  これではないかと思った。
  コンチェルト・グロッソのウリは、クラシックとロック(ニュートロルスサウンド)の
  高度な融合である。その融合度がはるかに高いのである。
  ニコを呼び戻して作った甲斐があったね、ヴィットリオさん♪
  一つツッコミを入れるならば、ライナーノーツの日本公演のラインナップ表記に
  誤りがあることである。
  まず、2006年のラインナップ、ヴィットリオの弟アルドーは
  エンジニアとして同行する予定だったため、演奏楽器を
  記載しているのはおかしい。さらに、来日直前に交通事故
  を起こし、結局日本には来なかった。
  2007年のラインナップは、ベースがロベルト・ティランティから
  フランチェスコ・ベリアに交代しているのが正しい。
  パンフレットを買っていないのだろうか?
2007/12/22(土) 13:30:45 | URL | ジェネスシ #-[ 編集]
コメント感謝です!
■チャーリー432
「RYNTEN」!確かに素敵だね!d(^o^)b

■ジェネスシ
おお!レヴューありがとう!!

ルーデスのソロまで手が回らないな…。
Camelのカバーがないのが、寂しくもある!(笑)

ジョーダンのプレーは凄いと思うわ。
でも、完璧過ぎるのよね、私には。。。

ニュートロルスは、確か、春日部の尊師もライヴ行ってるはずよ?
彼も、きっと買ったかもしれないわね!!
「コンチェルト・グロッソ」は、本当に凄いと思うわ。
しかし、突っ込みが鋭いなぁ~(笑)

たぶんね、音源や、資料が手元にない状態で
書いた可能性はあるわね。よく「手元に資料がないので詳しくはわからないが」と
書かれてるライナーを見る事があるわ。予測だけどね…。
2007/12/23(日) 18:50:27 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。