放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


狂暴な音楽/美狂乱 '97
2008年01月12日 (土) | 編集 |
kyobo

やっと見つけたよ~~~~~~!
しかし、48000円↑って、どゆこと?

お正月に横浜ユニオンで見つけたんだ!
1度見たら、忘れられないジャケだからね!(笑)
アルバムを作る時は、インパクトの強いの作ると良いね!!

最近、ライヴや、プロレスで、かなり目を酷使したせいか、非常に
目が痛い…。昨日の夜も、PC開けなかったよ…。
(コメントへのレス遅れてごめんねm(_ _)m)

だから、「一行レヴューを決行するよ」(手抜き作戦とも言う/爆)

ほいじゃ行くよ!!

まいりました!!以上!

廃盤で、入手困難かと思うけど、このジャケ見かけたら、迷わず買うこと!(爆)
ヤヴァさの限界を超えてます。

※余談…最初1周聴いた時「これ、カラオケにあっても歌えねぇ」と思ったよ!(爆)
オフィシャル
レコーディングレポート
過去記事

コメント
この記事へのコメント
凄いよね~!!!!!

凄まじいコンポジション!
最高としか言いようの無い須磨さんの歌☆
驚異的演奏!

愛してま~す!!
2008/01/12(土) 11:39:59 | URL | ののまる。 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/12(土) 11:54:32 | | #[ 編集]
こ、この目はっ!
今の tommy の目?v-405

PRAING MANTIS の『Cry for the ~』とまでは言いません。
せめてYNGWIE の『ATTACK!!』にまで回復してください。


4万8000円→4800円の間違いだと思うのですが、怖くてクリックできません(^^;
☆ひまわり堂☆さん、ここ見ていないでしょうか?
2008/01/12(土) 12:10:05 | URL | チャーリー432 #LbYl9WXI[ 編集]
こんにちは。
目のほうは大丈夫なんですか?
ブログの更新より、目のほうが大事ですよ。
ぼちぼちで、いいんじゃないんですか?私みたいに(爆)

これって、もしかして例のロシア盤ですか?
やっぱり歌詞カードは、キリル文字で書かれてるんでしょうか(笑)
この盤は、ハードですよね。
「ディープライヴ!」には、”狂暴な悪夢”が”狂パート3”として収められてて、
どっちも面白いですよ。
2008/01/12(土) 18:57:09 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
狂暴な♪うちの患者さんに聞かせたら
うちの患者さん音感がある人がいて、SIGHの”音楽による葬式”を聞かせたことがあるの。たしかに迫力のある凄いアルバムで、メタルの醜とクラッシックの醜を併せ持ったアルバムかもしれないが「うわ~疲労曲線考えてない、先生のおかげでメタルまで聞けるようになった!」「メタルはメタルでもブラックよ~」

で美狂乱のこのアルバム ”狂暴な音楽”を聞かせたらSIGHはクラッシック的でまだ美しいけど、美狂乱狂暴♪は 音階が半音ずつ上がり下がりを繰り返して、不協和音がとてつもなく恐ろしい。といわれた。音感と感受性が強い方で震えだした。

今から思えば1997年この時代バブルが崩壊し、今に続く偽装不祥事が噴出した
時の世相に対する痛烈な怒り、須磨邦夫 渾身のギター、音の禊

須磨さんのギターの音色といえばこのアルバム。

木琴 マリンバみたいな音が入っててこれも面白い。こんな音ってシンセで出せるのかな?
べースも ぐいぐい ドラムもケバくてバスドラが妙にカッコいい。

僕は、笑えば免疫が良くなるとは思わない。喜怒哀楽自由にうまく表現できて、
初めて人であると思う。単にこのアルバムは怖い恐ろしいのではなく、
須磨さんのロックに対する愛が救いをもたらしている。
激しさの裏に愛があってロックしてる。
2008/01/12(土) 21:52:58 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
コメント感謝です!
■ののまる。
本当に、「凄い」って言葉しか出ませんね。
須磨さんの表現は、ある種異様だけど
それが、また、すこぶる素晴らしい!!(笑)

歌も、ギターも、その他も、ヤヴァイ!!

■チャーリー432
『Cry for the ~』死ぬ程好きだよ♪

あまり無理しちゃいけないけど、どしてもやっちゃう。
たぶん病気!(>_<)

4800円でも高いけど、それだけレア盤なのかもしれないよ?

■くっぞこ
毎日やらないと気が済まないみたいなの…。
困った性格ね…。。

ロシア盤じゃないわ。残念ながら。
たぶん、日本盤ね。
次は、「ディープ・ライヴ」行ってみたいわ!(^O^)/

■specific
このアルバムは、須磨さんの「怒り全開」って感じを受けたわ。
歌詞も半端なく面白いね?

震える程、恐ろしいと感じなかったわ。
反対に、気持ちよかった!(笑)
「全てを、ぶっ壊しちまぇ~~~~~~!」って感じ?d(^o^)b

木琴 マリンバは、ザッパを連想させるわね。
狂暴な、クリムゾン、ミーツー、ザッパよ。
ベースさんも、ドラムさんも、凄腕ね!!

美狂乱、全制覇目指すわよ!d(^o^)b
2008/01/13(日) 21:22:27 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
僕も同感ですよ 
でも全部壊すというより
いい音楽を創造する 音職人気質で見せてくれました

tommyさんも人間ドック怖かったじゃない?
怖いって感覚も、とても大切なんですよ
明るい輝くも同じようにとても大切なはず
明るい輝くも、度を越えれば燃えたりします。
神様はそう思ったから、きっと人に五感や感情をくれたのだと思います。

エクスポージャーという考え方があります。
http://www.nutshell.jp/mind/2004/12/045.html
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2007q4/20071212.html

深町純さんが仰った事なんですが
音楽家がいい演奏ができなかった。と思っても聞く側がそう思うとは限らないそうです。
音がなにか言葉を持っているのではなく、リスナー自身の中に既にあるものなんだそうです。

悲しみに満ちていたら、何を見ても、何を聞いても、どんなものでも悲しい
心の中に笑いたいと思う感情が中に占めていなければ、笑わしてあげる事はできないんです。

この作品が後半部は”バンド”グループや小さな共同体としての愛のある初期のロックの
雰囲気を感じるんですよ。


2008/01/15(火) 21:45:00 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
音楽は、作品として出されたら、それはもう
作者の手を離れて、リスナーのものになるのよね。
だから、何を、どう感じようが、自由なわけで。

先生の、美狂乱への想い、愛情が深いのは
文章を見ればわかるわ!(笑)

リンク貼ってくれたけど、目が良くなってから
ゆっくり読ませていただくね!!m(_ _)m
2008/01/16(水) 23:43:10 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
>カラオケにあっても歌えねぇ」と思ったよ!(爆)
美狂乱の曲がカラオケにあったら!
狂パートⅡを歌う! あっ狂パートⅡインストか....

そのうち、謎の作曲家が暗躍して NHKのみんなの歌やアイドルや、いろんな所に楽曲提供して、それがポップで切なくて
楽しくて子供でも歌いたくなる。
ビートルズのようなイーグルスか? ミスチルの様に若々しく
和の唱歌様に懐かしく、青春を感じさせる、センチメンタルシティロマンスの様でもある。楽しくて切なくてハッピーなカラフルな楽曲が謎の作曲家の作品が席巻して、
ものすごい話題になる。

しかし、その作曲家は謎の作曲家である

そして、tommyさんもブログで紹介したりする。
その謎の作曲家が自分の作品を刈り取ってアルバムを作る。
それは恋人とのドライブにぴったりの作品。に仕上がる

でも、それは普通のアルバムではなく、プログレ的な発想で
一枚のアルバムが音が切れることなく(マリリオンのサードみたいに)組曲形式になって、楽しい”ピクニック”のコンセプトアルバム。 

というのを須磨さんがソロで作ったりして!(爆)
もちろんパーカッションは娘さん参加(カスタネットで)(笑)
今のところ、絶対ありえません(獏)

まぁ ものすごい衝撃的な出来事でも無い限り
カラオケで日本のプログレの歌声は流れませんね!!
2008/01/24(木) 23:32:46 | URL | specific #lc7bE8lw[ 編集]
こんにちは。
美狂乱のサイトの掲示板を見てきたんですけど、
あのコメントはTommyさんですよね?
「パララックス」もお買いになったんですね。

陰陽座「百鬼繚乱」も持ってますよ。
でも、この2ndは、人間椅子度数は、低いです(爆)。
1st「鬼哭転生」は似てます(笑)
たとえば、↓1st収録”鬼”
http://www.youtube.com/watch?v=hdCcNHxNviE&feature=related

村八分持ってないんですよ。陰陽座っぽいんですか?
2008/01/25(金) 21:59:23 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
コメント感謝です!
■specific
先生みたいに、マニアックな人には歌えるかも
しれないけど、私には無理!上がったり下がったり!(爆)

先生が、何をおっしゃりたいか良くわからないけど
須磨さんには、もっと活躍してもらいたいわね。
できれば、ライヴを観てみたいわ。

マキOZや、四人囃子も、当時は、ロックで語られてたバンドが
いまや、プログレとして認識されてるから、美狂乱も
ありえる社会と言うことになるわ。(笑)

「こんなものまで?」てのがあるのよね。カラオケ。

■くっぞこ
そう!あれ私!(^O^)/
でも、レスが付かないのよね…(ノ_・。)

「鬼」確かに似てるわね!!
和の部分を売りにしてるバンドだから、これもありね。

村八分に関しては、記事書いてみた♪
2008/01/27(日) 13:41:39 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。