放置ぎみで、ずびばぜん!m(_ _)m
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Souvenirs D’un Autre Monde /ALCEST '07
2008年03月23日 (日) | 編集 |
Souvenirs D’un Autre Monde

以前、こちらで記事書きました、フランスのALCEST!!
御茶ノ水の、Heavy Metal館に行ったけど「入手困難です」と言われた…くわぁ~。
なので、彼らの1stを中古で、Get!!中古で、1900円以上したし…。。

この人のアルバムは、ジャケのセンスが、ぴか一だね!どれも。
このジャケ写の通りの音と言えば、1番分かりやすいかもしれない。(笑)

第一印象は、ギターが、イースタン・ユースで、Voが、韓国のLEE HYUNSUK!(笑)
吉野さんの顔がチラつき、「この声って?…」と思い出したら、韓国のギタリストだった!(爆)

嬉しい事に日本語のライナーが付いていた。くまなく読みましたとも♪
シューゲイズ、ポスト・ロック、プログレ、ブラック・メタル、フレンチ・ポップ、トラッドetc…。
あらゆる境界線を越えたとあるけど、こゆのって実は多いような気がする。
カテゴライズ不能、だから、ジャンルの枠に入りきれないものはある。。でも素晴らしい。

彼が影響を受けたもの全てのミックスって印象を受けた。
(本人は影響を受けていないと言うけど。やはり聴いて来たものって大切だなぁと…。)
彼にしか作れない音楽。そして、彼が最も心地よい音楽。彼が最も表現したいものが、
そこには存在した。フランス語は良いね、響きが良いね。世界で一番好きな言葉。
バンドでは表現しきれない独自の感性を活かしたプロジェクトが「アルセ」。
実際は、1人でやってるんだね~『朱雀』をプロジェクト化したRieのようなもんだ!(笑)

ライナーにとても良い事が書かれていたんだ。
ルーツを辿れば辿るほど、ジャンルの境界線がなくなっていくのは自然なこと。
しかしそれを今に置き換えると、どうしても違和感があるように思えてしまう。
実際にこれまで違ったリスナー層は、重なり合うきっかけがなかったから。
でもそれこそ音楽シーンを、本当の意味で活性化させるために大切なこと。


2曲目『. Souvenirs D'un Autre Monde 』は、名曲だと思う。本当に本当に美しい曲。
アルセの美学が凝縮ってのが、わかるね~。
アヴィニョンというフランス南部の田舎町。壮大な自然の中で生まれた音楽。

自然の中で心豊かに作られた音楽を、i-podで、都会の騒音の中で聴いている自分。
その、ミスマッチさも、俺は好きだったりする。
envyとは、少し違う気がした…。。。あちらは、もっと重たいかなぁ~?たぶん。

でだ!EPをどして探してるかと言えば、「絶叫ヴォーカル」を聴きたいからだ。(爆)
他のアルバムには、入ってないんじゃないですかね?
なんか、普通の人と違うもの、ど~でも良いよ~なものに、心奪われます!…(^o^;)



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/23(日) 12:43:05 | | #[ 編集]
ジャケのセンス最高!
ところで、もしかしたらかつて、御茶ノ水の、Heavy Metal館ですれ違っていたかも!
2008/03/24(月) 19:43:48 | URL | チャーリー432 #LbYl9WXI[ 編集]
美しいのよね…このジャケ…。

Heavy Metal館で会っててもわからなかったかもね!(笑)
ライヴ会場でも会ってた可能性も…。。。
これも、ご縁よ。縁は大切にしたいものね♪
2008/03/24(月) 22:25:31 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
これ、いろいろな所で評判いいですよね~
気になってます。
2008/03/24(月) 22:36:56 | URL | hide #-[ 編集]
1人ブラックなんていうから激しいの想像しちゃダメよ。
優しく、美しい音楽ね。カテゴライズ不能。

このジャケのような幻想的音世界が、そこにはあるわ。
轟音ギターに、叙情的メロディーと、儚げな歌。
なんとも言えない、アルバムだと思うわ。
2008/03/24(月) 22:41:59 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
こんにちは。
国内盤も出てるんですね~
シューゲイズ?…ポストロック?…??
どういうジャンルなのか、良く分からないです(爆)
myspaceで聴いたんですけど、いいですね。

あぶらだこ、お嫌いだったんですか?
オーケンの、アンダーグランドサーチライの「横隔膜節」「これが私の登山口」は、
好きだとおっしゃってたので、何か意外です!
聴いたアルバムが悪かったんじゃないですか?
1st(木盤)は聴きやすいですよ。
2008/03/27(木) 00:49:54 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
お返事遅くなりました!m(_ _)m
出てるみたいね~

シューゲイズ、ポストロックとか私にもわからん!…(^o^;)
myspaceで聴くのが1番ね!!なかなか良いでしょ♪

あぶらだこ、嫌いじゃないですよ!!
「横隔膜節」「これが私の登山口」は、すごーく好き!(爆)
ただ、くっぞこさんが、貼ってくれたライヴが「?」だったの!!

ラジオも、深夜だから、わけわからなかったのかも!(大汗)

「ヌンチャク」も気になってて買った。
2008/03/28(金) 17:01:34 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
こんにちは。
このバンドの音を聴いて、
もう解散してますけど、日本のダウニーを思い出しました。

あぶらだこの、あのライヴ映像は、前半を切ってあって、
最後の部分だけ貼ってあるのでおかしいんですよ。
”冬枯れ花火”のPV
http://www.youtube.com/watch?v=9SByk4hT6Vc

ヌンチャクは聴いたことがないです。どうですか?

大丈夫ですか?お大事に。
2008/03/30(日) 08:41:53 | URL | くっぞこ #-[ 編集]
あははは!面白い!面白い!!
最後は、20年代歌謡みたいな節回しね!

Voさんの顔が怖いわ!(笑)

ヌンチャクは…。も少し聴かないとわからないけど
1、2回では、ピンと来なかったわ!(大汗)
今、探したけど、見つからない!(大汗)
2008/03/31(月) 11:43:36 | URL | tommyちゃん #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: Tommyへの秘密のメッセージ受付してません
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Souvenirs D’un Autre Monde(2007/11/14)アルセ 2007年作商品詳細を見る  わたくしは、ちょうど’70年代パンクがリアルタイムで音楽を聴いてい...
2008/07/12(土) 16:11:33 | 貴婦人たちのロック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。